MT4で自動売買するためにエクセルで作成したストラテジーを活用しよう

FXの自動売買をしていると、もっと効率の良い方法はないかと考えるようになります。エクセルでの機能以上のことをやれないかと考えていた時、メタトレーダー4(MT4)という自動売買ツールを使うことを知りました。エクセルの機能的限界をカバ−してくれたのがメタトレーダー4(MT4)です。今では、メタトレーダーを活用した自作EA(エキスパート アドバイザー という売買ルールを組み込んだプログラムの総称)で、FX自動売買を行っています。

 

メタトレーダー4を利用することの意味は、MT4には移動平均線やRCI、MDCAなどの基本的なテクニカル指標がはじめから関数(簡単に使える状態のこと)として組み込まれているからです。利用者はテクニカル指標の関数を読み出す手順さえ抑えれば、簡単な記述(プログラム)で容易にバックテストやFX自動売買のシステムを組み込むことができます。

 

このシステムが無料で提供されていることに感謝します。開発者の方には心からお礼を申します。

 

MT4と並行してエクセルも使える

私はMT4を強くお勧めします。しかしエクセルのシステムが役に立たないでくの坊という訳ではありません。エクセルを使っての考え方や苦労したことは、MT4を使うときも経験として非常に活きています。まだMT4は敷居が高いと感じる方はエクセルからのシステムトレードに取り組むことは難しくありません。最近ではストラテジーを選ぶだけで自動売買を始められるミラートレーダーというツールも登場しています。参考→ミラートレーダー
初めての方でもシストレができるようになっているのでぜひチャレンジして下さい。

 

ちなみに、MT4ではオリジナルのテクニカル指標(シグナル)を作ることが可能ですが、そのためにはテクニカル指標の計算式の意味ををある程度理解しておくことが大切です。投資をするには基本的な知識を頭に入れて取引を進めることが大切です。