マルチタイム・フレームのすすめ

FX取引に欠かせないチャートですが、どんな時間枠のチャートを使っていますか?短期でポジションを転がすトレード方法の場合、5分足や、中には1分足のチャートを使っているかと思います。あるいは長期ポジションを持ち続けるタイプのトレードなら、1時間足や、日足のチャートを使う方も多いと思います。

 

自分の取引手法に合わせて、最適な時間枠のチャートを選ぶことが大切ですが、FXで勝っていくには、一つのチャートを見るより、複数の時間枠のチャートを見比べることが大切です。

 

たとえば、短期のスキャルピングをする場合、1分足や5分足だけを見て取引すると、全体の相場の動きに無頓着になって、とても近視眼的な、目の前の動きに翻弄される取引になりがちです。往々にして、値ごろ感での取引になってしまいます。その値ごろ感が相場にフィットしていれば利益が出るのですが、相場のレンジが動いてしまったり、トレンドが発生した時に対応できなくなってしまいます。コツコツと積み上げた利益を一瞬で吹き飛ばす結果になりかねません。

 

それで、マルチタイム・フレームと呼ばれる、複数の時間枠のチャートを複数表示して、全体の流れを把握しながらトレードすることがとても大切です。スキャルピングの場合、1分、5分、15分、1時間の四つのチャートを比べながら取引すると、より安定した、相場の流れにそったトレードができると思います。