エントリーするのに一番向いているのはロンドン時間かも

FX市場は24時間稼働しています。その中で三大市場として君臨するのが、東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場です。ロンドン市場は夏時間ですと、日本時間で午後4時前後から夜中の12時のロンドンフィックスまでの範囲となります。

 

このロンドン市場は為替だけでなく、株などの投資活動において昔から活発に取引が行われてきています。それで、投機的な思惑が出やすい時間帯です。イギリス・ポンドが投機的な動きをするので上級者向けだと言われる理由はこういうところにあります。

 

また、もちろん、100%当てはまるわけではありませんが、投機的な動きの強く出る時間帯ですから、流動性も高くなって、上下動の激しい動きというよりは、一定方向のトレンドに沿って値動きが出るという印象があります。これは、多少エントリーが遅れたとしても、戻り売りや押し目買いをしていけば、利をのばしやすいということです。

 

また、ロンドン時間は日本時間での一般の仕事の就業時間が終わる時間あたりから、夜まで続くという日本人には優しい時間帯でもあります。ニューヨーク時間で勝負をすると、夜中まで起きていないといけないので、次の日の仕事にもひびいた経験があるのではないでしょうか。

 

こうした市場の性質を上手に使って、自分のホームフィールドを作ってトレードすることをお勧めします。